« ばいばい | トップページ | 2007年 »

2006年12月26日 (火)

夕闇に立つ

最近ハマッた漫画があります。

「BLACK LAGOON」

キッカケはフジテレビじゃなくて、

深夜のアニメ放送を見てから。

さすがに深夜帯なだけあって、

漫画を忠実に再現した感じになっていた。

特にコレと言ってイイ話とか、

ストーリー性はあんまナイんですが、

いかんせん黒い。。。

「なきにしもあらず」的な事件で、

人間の「欲」がものスゴくリアルに描かれていて、

人間の限りなく広がる正の可能性と、

裏を返せば、それを一瞬で無に返せる負の力をも持ってる。

その「リアリティ」。

主人公は元々「普通」のしがないサラリーマン。

ある事件をきっかけに、一転して闇の世界へ。

そこで起きる人間の「素」の部分を、

受け入れることが出来ずにいる。

どっちつかずの主人公がある女の子に言われる、

「あなたは夕闇に立っているでけで、何の覚悟もしていない。」

「そんなあなたには私は救えない。」

印象的な言葉だった。自分に言われた様な気がした。

しかし、主人公もこう返す、

「夕闇だからこそ見えるモノ、感じるモノがある。」

どっちが正しいとかじゃナイ。

生き方の問題だ。

そこに偽りじゃなく、本当の自分自身を置けるなら、

どこだって構わない。

陽の当たる世界、

夕闇の世界、

闇の世界、

今俺が立ってるトコからは、

まだ何も見えてこない。

そんなトコロが主人公とシンクロして、

ハマッたのかな。と思う。

興味ある方は是非とも!!!

そんな今日この頃。。。              kankum

|

« ばいばい | トップページ | 2007年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44461/4682240

この記事へのトラックバック一覧です: 夕闇に立つ:

« ばいばい | トップページ | 2007年 »