« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

夕闇に立つ

最近ハマッた漫画があります。

「BLACK LAGOON」

キッカケはフジテレビじゃなくて、

深夜のアニメ放送を見てから。

さすがに深夜帯なだけあって、

漫画を忠実に再現した感じになっていた。

特にコレと言ってイイ話とか、

ストーリー性はあんまナイんですが、

いかんせん黒い。。。

「なきにしもあらず」的な事件で、

人間の「欲」がものスゴくリアルに描かれていて、

人間の限りなく広がる正の可能性と、

裏を返せば、それを一瞬で無に返せる負の力をも持ってる。

その「リアリティ」。

主人公は元々「普通」のしがないサラリーマン。

ある事件をきっかけに、一転して闇の世界へ。

そこで起きる人間の「素」の部分を、

受け入れることが出来ずにいる。

どっちつかずの主人公がある女の子に言われる、

「あなたは夕闇に立っているでけで、何の覚悟もしていない。」

「そんなあなたには私は救えない。」

印象的な言葉だった。自分に言われた様な気がした。

しかし、主人公もこう返す、

「夕闇だからこそ見えるモノ、感じるモノがある。」

どっちが正しいとかじゃナイ。

生き方の問題だ。

そこに偽りじゃなく、本当の自分自身を置けるなら、

どこだって構わない。

陽の当たる世界、

夕闇の世界、

闇の世界、

今俺が立ってるトコからは、

まだ何も見えてこない。

そんなトコロが主人公とシンクロして、

ハマッたのかな。と思う。

興味ある方は是非とも!!!

そんな今日この頃。。。              kankum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ばいばい

この前、念願だった、

「木更津キャッツアイ」を見に行ってきた。

も~期待を裏切らないどころではなく、

大きく期待を上回った!!!!

初っ端からかなりトばしてて、

コメディ映画にはあり得ない位、

キャストも豪華で、

も~前半で十分腹が膨れ、そしてよじれた!

三年ぶりとは思えないくらいに、

キャッツや他のレギュラーメンバーの息も合っていて、

映画館と言う特別な空気も混ざり、

ホントに自分が現場にいるようだった!!

俺的に言えば、

今年の映画では「No,1」の作品です。

お笑いだけじゃなくて、

ちょっとだけ入るシリアスな場面。。。

そこで一端現実に帰ってくる。

そ~いう自分に気づくと、

改めてクドカンのスゴさが分かったような気がした。

何か今回で最後だって聞いても、

実感がわかない。

またぶっさんが何処からか現れて、

「うかうか死んでられねぇ~ヨ!!!」

って始まるんじゃないか。。。

そう思ってしまう。

忘れられない作品になった、

「木更津キャッツアイ」

テレビ放送当時、

俺はまだ15歳だった。

あれからもう5年も経った。

この5年間、

俺は変われたかな。。。

今あの頃の俺に会ったら、

ちゃんと「バイバイ」って言える位。

そんな今日この頃。。。             kankum

ってか今日クリスマスだ。。。

また一人だ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月18日 (月)

時間

昨日は久々に何もせず、

ずっと家にいた。

静かな部屋で、色々なコトを考えた。

気づくと1時間が過ぎていた。

時間ってどうしたら感じられるのかな~。。。

知らない間にドンドン流れる。

戻すことも、

止めることも、

貯めることも、

進めることも、

何も出来ない。

全てのモノの中で唯一、

何にも縛られず、

何よりも大きく、

何よりも平等だ。

1日24時間、1年365日

誰かが決めた「時間」

でも「時間」は本来そーいうくくりはナイ。

あるとすれば、

それは死ぬまでのタイムリミット。

それまでに与えられた「時間」は、

どうにでも使える。

基本的には、誰かに操作は出来ない。

でも、同時にとても怖い。

自分の持ち時間は、

知ることが出来ないから。

一秒後、一分後、一年後、、、

時間は感じることが出来ない。

だから必死になる。

いつその時が来ても、

後悔しないように。

今日も頑張る!!!!

そんな今日この頃。。。              kankum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

驚きMAX

昨日のロナウジーニョはスゴかったな。。。

相変わらず世界で一番上手い人だった!!

漫画の世界だけだと思ってた様なプレーを、

まさか現実やってのけるとは・・・

キャプテン翼形無しのありえない動きの数々。。。

バルサは他にもたくさんのスタープレイヤーがいるし、

世界最強と言っても過言ではないチーム。

でもやっぱ別格!!!

ペレやマラドーナを生で見ていた世代が、

「この時代に生まれて良かった~」と思うなら、

俺はロナウジーニョが生で見れる時代に生まれて良かった!

他にも、インテルでは、

胸トラからそのまま肩でリフティングドリブルした17歳のアレッサンドレや、

投入後わずか10分程で貴重な勝ち越し点を取った19歳のアドリアーノ。

他にもメッシ、C・ロナウド、ルーニーなど、

20歳そこそこで世界の大舞台でプレーしている。

そこで思ったのは、

やっぱ日本人にはサッカーは無理だというコト。

何故あんなにもブラジルが強いのか、

それは少年時代に、サッカー以外の娯楽がナイからだ。

その点日本は残念な事に、

娯楽をやらせたら、世界屈指の技術を持っている。

結局「下手」と言うより「不向き」なんだと思う。

ブラジル相手に「野球」をやれば日本は99.9%勝つ。

それと同じ様に、

日本相手に「サッカー」やればブラジルは99.9%勝つ。

そーいうコト。

いや~それにしても決勝の、

バルサVSインテルは楽しみだ!!!!

そんな今日この頃。。。            kankum

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月14日 (木)

自分らしく

この前の「スーパーニュース」で、

「岡田絵里香」というタレントの特集がやってた。

見た目がキレイで、イイなと思って見ていたら、

その人は障害を持った人だった。

少しだけど、ヒいてしまった自分が情けなく、腹立たしかった・・・

いわゆる普通の人は俺みたいな反応をする・・・と言っていた。

でも決して責めるコトはしなかった。

色々な夢を諦め、挫折を繰り返し味わった。

でも「タレント」になるコトだけは捨てなかった。

「私がテレビに出て、今までの分見返してやる。」

その顔を見た瞬間に俺は既に見返されていた。。。

決意というか、覚悟というか、、、

障害者だという負い目も作らず、

逆に何をもって「障害者」なのかが分からなくなる位。

何の夢も持たず、

ただ漫然と繰り返しの日々を、

当たり前の様に過ごす。

この方がよほど、

ある意味では「障害」を持っているんじゃないか。

「自分らしく」生きれていない時点で。

そんな風にさえ思うほど、

「自分らしさ」を持った人だった。

          ・・・生きるって難しい・・・

つくづくそう思った。

気になる方はブログをチェック!!!!(下のリンクから)              

岡田絵里香~ブログ~

そんな今日この頃。。。           kankum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

先のコト

もう2006年も12月。

どんどんと過ぎていく毎日。

将来のこと考えなきゃいけない時期がくる。。。

でも、将来のコトなんて分かるはずがナイ!

ザ・矛盾

大人は「ちゃんとしたプランを持て」的なコトを言う。

ちゃんとしたプラン!?

お~無理

だって頭のドコかでは、

明日もし大震災が・・・

明日もし事故にあったら・・・

事実そーいうコトだって十分ありえる。

こんなコトも含めた「ちゃんとしたプラン」なのか。。。

多分違う。

未来の予想立てたって、

口先だけ夢語ったって、

未来は今日の積み重ねでしかない。

不確かな明日を語って、不確かな今日を過ごすより、

今確かに出来ることを、確かな今日で過ごす。

大人は「それじゃダメになる。。。」って言う。

けれど、

大人の言う「ちゃんとしたプラン」で、

幸せな日々を送っている人間はどれ位いるんだろう。

イイ小・中・高校を出、有名大学、エリート企業、管理職。。。

俺はヘドがでる。

もし仮に日本人全員がそれを目指したら。。。

俺は怖い。

どれが正しいなんて分からない。

何故なら0歳の赤ちゃんも100歳の老人も、

みな人生は初体験だから。

大人は言う「人生の先輩として言うと、そっちした方が良いと思う」

何を言う。。。

行ってもいない道がイイとどうして分かる!?

最初は平坦で良く見えても、途中で道が無くなってたら。。。

かえって最終的に間違ったと思った方の道が先まで伸びてたら。。。

未来のコトばかり考えて、

一般論でモノを言い、

挙句出来上がったのが今の世の中なら、

もっと今を大切にしたい。

先のコトなんて誰にも分からない。

でも、「今」なら分かる。

今を「ちゃんとしたプラン」で生きれば、

未来につながる。

もし明日死んでも、

後悔しない今日を生きたい。

そんな今日この頃。。。              kankum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

5-9

最近「ONE PIECE」の最新巻を読んだ。

基本的にコミックで集めてるから、ジャンプは読まない。

ので、三ヶ月毎に出るのが待ち遠しい!!!

何やらジャンプでは、

白髭と、赤髪が会ったり、エースと黒髭が会ったりとか、

かなり佳境に入っていると。。。

最新巻ではエニエス・ロビー編が終了した。

考えてみれば、もう44巻でている。

ドラゴンボール超えたんだから、

ONE PIECEもかなりの長さだ!!

話を戻すと、俺個人としては、

最後の「メリー号」のくだりは正直泣いた。。。

ONE PIECEで初泣き。笑

メリー号がチョーイイ奴なんだ!!

あぁ、思い出すと涙が・・・

もう二回ぐらい読んで、

二回とも惨敗でした。

おのれ、尾田栄一郎め。。。

おのれ、ジャパニーズカルチャーめ。。。

でもとにかく、アレはイイです!!!

必読です!!!

あっ、そーいえば何気なく「両さん」出てます。笑

色々楽しめますな~♪

そんな今日この頃。。。            kankum

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月 4日 (月)

K-1

先日の「K-1GP」

個人的にはつまらなかった・・・

近頃のK.O.の無さには絶句ですナ。

でも往年のベテラン選手の活躍は、

やっぱスゴい!!!

こと今回のGPでK-1を去ることとなった、ホースト。

決勝まで勝ち上がった、アーツ。

優勝こそ逃したものの、

3Rの最後のゴングが鳴るまで、倒れる事はなかった。

結局シュルトが優勝して、

流石に強い、霊長類最強、世代交代。。。

なんてコト言われてますが、

はっきり言ってシュルトなんて、

「K」のリングで一番強いだけ。

ってかデカいだけ。

世代交代とか言ってますが、

K.O.勝利で完全な強さを見せたわけじゃナイ!

事実、ホーストもアーツも判定だったし。。。

格闘技ファンだからこそ、

あえてシュルトにこの偉大な言葉を送ります。

「判定??ダメだよ、K.O.じゃなきゃ!!!」

そんな今日この頃。。。               kankum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »